大阪の阪大病院で出生前診断を受けてみた④

赤ちゃんのこと

前回の投稿から約2カ月経ってしまいました(^^;

大阪の阪大病院で出生前診断を受けてみた③
出生前診断については賛否両論あると思いますが、体験記として残しておきます。 誰かの参考になればいいかなと。 前回の続きです。 いよいよNIPT採血の日です。 朝9時に阪大病院に到着し、直接遺伝子診療部へ。 ...

 

キャナコ
キャナコ

やっと産休入って、重い腰が上がったよ~

 

前回のNIPT採血から9日後。

いよいよ結果を聞く日がやって来ました。

旦那さんと「大丈夫。大丈夫。」と言いながら阪大病院に向かいましたが、
こんな大切な日に限って道を間違え遅刻…

全然大丈夫じゃなかったー( ;∀;)

 

「遅れます」と病院に連絡を入れ、着いたのが予約時間の15分後。

行き慣れた地下の遺伝子診療部へ直接向かいます。

ちょうど遺伝子診療部の扉から笑顔のご夫婦が出てきた。

なるほど。

今日はひたすら結果報告の日か。

ドキドキしながら待合室で待機。

すぐに呼ばれて中に入ると、産婦人科の先生の前にはクリアファイルに入った数枚の紙。

一番上の紙を渡されて「陰性でした。良かったですね。」と。

 

はい、一瞬で結果報告終わりましたー。

 

部屋にいたのは、5分ぐらい。

私たち夫婦が笑顔で出ていくと、また別のご夫婦とすれ違いました。

私の周りでは一人しか出生前診断を受けた友達がいなかったので、

意外と受ける人いるんだなーという印象。

ひとまずこれで13,18、21トリソミーについての疑いは晴れたので、

旦那さんと「良かったね~」とスタバのデカフェで祝杯。

 

正直、検査費用も高いし、まだまだ一般的とは言えない検査ですが、

私たち夫婦にとっては安心材料になりました。

「ちょっと高めのお守り」だと思って、受けてみて良かったです。

出生前診断を考えている方の参考になればと思います。

コメント