ベビーアムール【Bebamour】の抱っこ紐を1カ月使ってみたクチコミ

子育て
スポンサーリンク

赤ちゃんの抱っこひもって、ほんとたくさんありますよね。

エルゴ、ベビービョルン、アップリカなどの有名メーカーから、アメリカで人気のボバやスリングタイプのものなど、用途やデザインも様々!

我が家はママ友からもらったおさがりのエルゴを使っていましたが、パパが「どうしても前向き抱っこをしたい!」ということでベビーアムールの抱っこひもを購入しました。

使い方や使ってみたクチコミをまとめました。

 

パパ
パパ

赤ちゃんのうちにどうしても前向き抱っこがしたいんやー!!

キャナコ
キャナコ

長時間の前向き抱っこは赤ちゃんにもママやパパにも負担になるから、脳への刺激として短時間使うならいいと思うよ!

 

スポンサーリンク

エルゴで前向き抱っこできるのは360(スリーシックスティ)のみ!

勝手な思い込みでエルゴは前向き抱っこができると思っていた私。

持っていたエルゴで一回前向き抱っこしてみたんです。

そしたら、足の付け根で血が止まってしまい、息子の足が見たことない色になっていました( ;∀;)

ほんと息子には申し訳ない( ;∀;)

エルゴの抱っこひもで前向き抱っこするなら必ずエルゴ OMNI 360(オムニ スリーシックスティ)を選びましょう!

 

涼しく、軽く、乾きやすいメッシュ製「クールエア」

いいお値段しますが、老舗のエルゴなら安心ですよね。

 

ベビーアムールの抱っこひも開封!

我が家はアマゾンで購入しました。

ついでに冬に向けてベビーアムールのケープも一緒に購入しました!

広げてみるとこんな感じ。

よだれカバーも左右1枚ずつと前向き抱っこした時の前面用1枚の合計3枚ついています。(生地はちょっと薄いw)

 

ベビーアムールの装備を紹介!

とにかくファスナーやボタンやバックルなど色々いっぱいついてるw

説明書はかなりシンプルなので、自分で触りながら「あ、こういうことね!」と理解していきました!

これはヒップシート下のファスナー。

結構な空間があります。

オムツ3枚ぐらい余裕で入ります!(入れたことないけどw)

上のポケットの外側にまたボタンで留めれるポケットがついてます!

とにかくすごい収納力!

あともう1つベルトにも収納ついています。

ここにスマホ入れてイヤホンを出す所もついてるので、音楽聴きながらお散歩とかもできますね♪
(と言いつつ、赤ちゃん抱っこしながら音楽なんて楽しめるママがこの世に存在するのか?!w)

私は自転車の鍵とか入れてます。(チャックがあるので落ちずに安心!)

 

ベビーアムールはヒップシートを切り離して使える

ヒップシートと上の部分を切り離すとこんな感じ。

 

ヒップシートの所に付いてる小さいバックル2つを外すと、中からファスナーが出てきます。

このファスナーを外せば、ヒップシートと上の部分が切り離せます。

私はめんどくさいのでヒップシートのみの使い方はしていませんが、旦那さんはたまにヒップシートのみで使ってます。(色々試したいみたいですw)

ベビーアムールの一番の特徴は何と言ってもこのヒップシート

3Dの分厚い低反発素材が入っていて、赤ちゃんのお尻になじんでくれます♪

押してみるとこんな感じ。

正直「赤ちゃんのお尻痛いんじゃない?」と思ってましたが、実際触ってみてその心配は吹き飛びました。

実際に息子を入れても嫌がらずご機嫌で抱っこされてます^^

 

背中の部分はメッシュも可能!

使用して数日経って、「あれ?このファスナーは何だ?」と気付いて開けてみたらメッシュ素材登場w

取り外せるじゃないかー!!

まさにこの記事を書いている今は暑い時期なので、背中のメッシュ素材は母も赤ちゃんも嬉しい限り!

 

ベビーアムールのシンプルな説明書

ベビーアムールの抱っこ紐は4パターンの使い方ができます。

外国製だから??日本語が若干変ですが、画像重視で気にせずいきましょう!w

ベビーアムール 対面抱っこ

3~36カ月まで使用可能。

 

ベビーアムール 前向き抱っこ

3~36カ月まで使用可能。

 

ベビーアムール ヒップシート単体

0~36カ月まで使用可能。

ベビーアムール おんぶ

6~36カ月まで使用可能。

おんぶは急に誰かの手が出てきて面白いですw

さすがに一人でおんぶは出来ないですね(^^;

 

ベビーアムールのメリット

  • 腰と肩への負担が少ない
    つけてみた瞬間、「軽っ!」と口から出ましたw初めてエルゴを使った時も「なんて画期的なんだ!」と衝撃を受けましたが、これはさらに上回りました!

    ベルトの幅もごっつくて、エルゴのベルト部分よりしっかりしています。

    何と言ってもヒップシートの威力が絶大です!かなり赤ちゃんの体重を分散してくれています。

    さらにヒップシートの座面が高く、重心が上にグッと上がるので、これも軽く感じる要因だと思われます。

 

  • 収納たっぷり
    上にも書いたとおり、とにかく収納が多いです。近所にパっと買い物行くぐらいなら、携帯、財布、鍵は抱っこひもに収納できるので、手ぶらでゴーです。

 

  • 前向き抱っこができる
    月齢も上がってきて、色んなものに興味を持ち始める時期には前向き抱っこはサイコーです。何より、見た目が可愛い♡

 

  • コスパ良し!
    これだけ高機能で1万円切ってるって奇跡です!2~3万するエルゴと比べてみても、この機能でこの価格はお得過ぎます!

 

キャナコ
キャナコ

街であんまり使ってる人見かけないのが不思議w 

ベビーアムールのデメリット

  • 前面に付けるヘッドカバーか、よだれカバーかどちらか1つしか装着できない。
    →よだれカバーを付けるのは前向き抱っこの時だけ。
    頻度が少ないので付け替えはそんなに面倒じゃない。

 

  • ヒップシートがママが座ると足の付け根にグイっと食い込む。
    →自転車は問題なく乗れますが、長時間イスに座ってると食い込んでくる。

 

  • ヒップシートをたたむのがボタンが固くてやりにくい。
    →慣れればなんとか出来ます。

 

  • 抱っこひも自体の収納がイマイチまとまらない。
    →専用収納カバーとかないので、袋にてきとーに突っ込んでますw

 

  • バックルの位置が左にある
    →慣れたら問題ありません。

 

キャナコ
キャナコ

一番気になるのは収納ぐらい。
他はそこまでのデメリットを感じていません。

 

ベビーアムールを1カ月使ってみた感想

一人目の時もずーっとエルゴを使っていて、今回も文句ナシでエルゴで行こうと思っていましたが、今や完全に逆転してしまいましたw

やはり肩と腰への負担が少ないのが一番大きいです。

抱っこする時間が長いママにとって、体への負担はちょっとでも少ない方が嬉しいですよね。

1カ月経ってみて、元から使っていたエルゴとベビーアムールの使用頻度の割合は、

エルゴ2:ベビーアムール8って感じです。

近所の買い物や、お出かけで歩いたりする時はベビーアムールを使っています。

ランチの約束の時は椅子に座って抱っこひもすることを想定して、エルゴをベビーカーの荷物入れにポイっと入れて持って行ってます。

0歳から使用可となっていますが、首が座る前から使うのはちょっと怖いかな。

ヒップシートの上で横抱きぐらいなら、まだ赤ちゃんも軽いし、わざわざヒップシートを付けるのが面倒になりそう。

首が座ってからならサイコーに便利な抱っこひもです!

 

前向き抱っこができる抱っこ紐いろいろ

他にも前向き抱っこができる抱っこ紐を調べてみました。

ザーっと並べてみましたが、有名メーカーから聞いたことないメーカーまでほんとたくさんありますね!

お値段もピンキリ!

赤ちゃんの命を守るものなので、あんまり安すぎるとちょっと不安になっちゃいますが、お財布と相談しながら自分に合った抱っこ紐を見つけてくださいね!

 

 

コメント